茶房 旧茶屋亭 | 茶屋亭の歴史
トップページ > 旧茶屋亭の歴史

旧茶屋亭の歴史

茶房 旧茶屋亭の由来

旧茶屋亭 外観
左横側のレンガ塀 左横側のレンガ塀

※100年前の当時の写真です。現在は一部を残して利用しています。

この旧茶屋亭の建物は明治末期の海産商の店舗兼居宅の店舗部分で当時の港町箱館の隆盛を伝える典型的な和洋折衷建築物として1988年施行の函館市の西部地区歴史的景観条例で左横側のレンガ塀とともに伝統的建造物に指定されました。

青函博の時、当時の持ち主の方がその期間限定で『旧茶屋亭』の名で営業してたそうです。その名を引き継ぐ形で、内装やメニューなどを一新して茶屋旧茶屋亭として1992年にオープンしました。

「旧茶屋亭」は和洋折衷の外観をそのまま補修保存するとともに内部は当時海外との貿易が盛んな箱館の西部地区にあった各国領事館商館が建ち並ぶなかを多くの外国人が往来しその人達が一時の安らぎを求めて立ち寄った大正ロマン漂うサロンを再現致しました。

どうぞ一度お立ち寄り下さい。

現在の旧茶屋亭

※現在の「旧茶屋亭」の写真はこちらです。


ページの先頭へ戻る

茶房 旧茶屋亭メニューの歴史

1992年:
オープン

オープン

開店当初は日本茶と和菓子を中心にお出しするサロンとしてオープンしました。
多くの方に気軽に日本茶を楽しんでいただきたかったのと、若い方々にも今薄れつつある日本の文化と心を伝え、知っていただく良い機会になってほしいとの思いから日本茶中心のメニューでスタートしました。

1994年:
あんみつ

甘味がメニューに登場

今はご好評いただいております、あんみつやおしるこ等の甘味類はオープン当初はありませんでした。
茶房としての更なるステップアップとお客様にもっとお楽しみいただく為の選択肢を増やそうということで、研究に研究を重ねて手作りあんみつ・おしるこ・くずきり等の甘味がメニューに加わりました。

1997年:
運命の珈琲、メニューに登場!

運命の珈琲、メニューに登場!

お客様の切なる願いにお答えする形で、ずっとメニューに加えることを控えていた珈琲をメニューに入れることを決意しました。
しかし、自分たちが納得できる珈琲豆に出会うまではメニューに入れないという強い信念で一年以上かかりましたが、今もご好評いただいております三年熟成珈琲に出会うことができメニューに加えることができました。

2006年:
みるきぃそふと登場

みるきぃそふと登場

とある御縁がきっかけで、当店にやってきた“みるきぃそふと”。
最初は普通にソフトクリームの名で当店にやってきましたが、食べてみると牛乳たっぷりの濃厚かつさっぱりした後味と、どこか懐かしい味は私達がこのソフトクリームを“みるきぃそふと”改名させるきっかけになりました。
このみるきぃそふとの登場でお遊びパフェやミルキィな出会いやくずきりそふと等のオリジナルメニューも同時期に誕生し今も尚ご好評いただいております。

現在:
まだまだ進化します

まだまだ進化します

今尚、お客様に喜んでいただけるような魅力的なメニューをスタッフ全員で日々考え研究しております。
是非、一度ご賞味ください!!

ページの先頭へ戻る